これぞ暁斎!世界が認めたその画力


幕末から明治を生きた天才絵師、河鍋暁斎。

本展では、世界屈指の暁斎コレクションとして知られるイスラエル・ゴールドマン氏所蔵の作品によって、多岐にわたる暁斎作品の全体像に迫ります!

【作品紹介】
象とたぬき
河鍋暁 斎 《象とたぬき》 明治3(1870)年以前 紙本淡彩
イスラエル・ゴールドマン コレクション Israel Goldman Collection, London Photo:立命館大学アート・リサーチセンター
もともとは100点近い絵を収めた画帖の一枚であった。大きな象に対し、小さなたぬきが可愛らしい作品。

動物の曲芸
河鍋暁斎 《動物の曲芸》 明治4-22(1871-89)年 紙本着彩
イスラエル・ゴールドマン コレクション Israel Goldman Collection, London Photo:立命館大学アート・リサーチセンター
猫、鼠、蝙蝠などが綱渡りや梯子乗りといった曲芸を披露する。本来なら有り得ない姿勢の動物をごく自然に書き上げている。

三味線を弾く洋装の骸骨と、踊る妖怪
河鍋暁斎 《三味線を弾く洋装の骸骨と、踊る妖怪》 明治14-22(1881-89)年 紙本淡彩
イスラエル・ゴールドマン コレクション Israel Goldman Collection, London Photo:立命館大学アート・リサーチセンター
続きを見る閉じる

最新ニュース

和楽器バンド「浮世 heavy life」が展覧会イメージソングに!

和楽器とロックを融合させ日本のみならず、海外からも注目を集める和楽器バンドの新曲「浮世heavy life」が、展覧会イメージソングに決定!!
この楽曲は、本展のために書き下ろされた新曲で、その歌詞の世界観は河鍋暁斎をイメージした内容となっている。
世界が認める河鍋暁斎と和楽器バンドの時代を超えた奇跡のコラボレーションに、どうぞご期待ください


ナビゲーターに落語家の春風亭昇太さん!

落語家の春風亭昇太さんが、展覧会のナビゲーターに決定!
本展の音声ガイドも担当し、暁斎のユーモア溢れる世界へみなさまを誘います!


公演情報

  • 有効期間
    2/23(木) ~ 4/16(日)
  • 会場
    Bunkamuraザ・ミュージアム (東京都)
  • 注意事項
    チケットは、期間中1回有効。開館時間=10:00~19:00、金土10:00~21:00。入館は閉館の30分前まで。
  • 公演などに関する
    問い合わせ先
    ハローダイヤル:03-5777-8600

チケット発売情報